外壁タイルなどの赤外線調査の有効性

建物は竣工されてからは天候や雨風、または地震などの影響で劣化に向かっていると言えます。

しかし見た目では外壁の裏部分などは分からず、ヒビやシミなどの現象が出てからでは内部は大きな被害が出ているが場合は多いようです。

また外壁タイルは高層からの落下などは危険ですし、維持管理は施主の責任となっていますので、法令で決まった定期調査は必要なことです。

外壁調査の中で赤外線調査も方法のひとつです。

打診調査等の中に入っていて一般的となっています。

赤外線カメラで撮影して結果を分析することにより外壁部分で浮きや異常をデーターとして知ることができます。

打診調査とくらべると足場設置の必要がなくてコストが押さえることができます。

©2020 住宅業界レポート