経験豊富な塗装業者への依頼が大切です

大型のマンションでは、大規模修繕の一環として定期的な外壁の塗替えを実施しているのを見かけます。

建物の塗装は主成分の種類や、北側と南向きや隣家の建物から交通量などの外的環境の違いによって耐用年数が変わってきます。

一般的には塗替えの目安が、外壁で10年前後、屋根は5年から8年程度が基準とされています。

気をつける点として、下地が傷んだままの状態で塗替えを行ないますと、雨漏りや侵食の原因にもなり、塗替えのタイミングできちんと下地状態を確認してくれる業者選びが必要です。

名古屋周辺で50年以上の塗装工事を手掛けていますのが、有限会社友井塗装店です。

こちらの会社では、地域密着を最優先にして訪問販売等の営業活動は一切やっておらず、品質と完成度の高さで顧客を広めています。

依頼主の完成イメージと予算などに合わせた修繕内容を提案してくれますので、関心のある人にはこちらの会社のホームページを見て欲しいです。

©2020 住宅業界レポート