赤外線外壁調査のメリットについて

JSDA(一般財団法人日本耐震診断協会)は、東京と大阪に事務所を有している主に外壁タイルなどの赤外線調査と診断を行っている法人です。

ビルの多くは外壁にタイルが貼られていますが、タイルは経年とともに下地と密着させているモルタルが劣化し、部分的には剥がれ落ちる危険があります。

そのため、普段は異常はなくても地震などの外からの衝撃ダメージにより剥がれ落ちる可能性が高く定期的な調査が必要です。

外壁タイルの調査としては壁を打診棒によって叩き、その反響音や感触などで判断するのが一般的ですが、高いビルの場合には足場を用意する必要があり調査を行うだけでもかなりの費用が必要になります。

一方で赤外線外壁調査であれば、赤外線カメラを使い壁面の異常を発見することができます。

またこの赤外線外壁調査では足場を用意する必要もないため費用も安く済むメリットがあります。

©2020 住宅業界レポート