赤外線調査を依頼することが出来る企業

建築物の外壁の劣化を調べる方法として、直接叩いてたしかめる打診法という方法があります。

この方法の場合、音の違いによって、タイルに浮きが生じているかがわかるので、確実な方法ですが、診断を行う為に外部足場を組んだり、屋上からゴンドラなどを下ろしたりすることが必要になるので、手間やコストがかかってしまいます。

最近では特殊な機械を使用して赤外線調査の方法で外壁の劣化を調べる方法が現れています。

この方法であれば、足場等の仮設材料を使用することが不要となるので、コストも大幅に抑えることが出来ます。

マンションなどの場合、足場を組むとセキュリティー面で問題が生じることになるので、マンションにも好ましい診断方法です。

タカオプランニングに赤外線調査を依頼することが可能です。

©2020 住宅業界レポート